ヨーソロー!まとめずら

渡辺曜ちゃんから時事ネタまでなんでもまとめます!

    アニメ

    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    KDCW_KS04000004010000_68_cover



    1: 2017/03/11(土) 17:32:54.91 ID:CAP_USER
     丸山くがねさんのファンタジー小説が原作のテレビアニメ「オーバーロード」の第2期が制作されることが11日、分かった。同日に公開された劇場版「劇場版総集編オーバーロード 後編『漆黒の英雄』」で発表された。

     「オーバーロード」は、さえない青年が、人気オンラインゲームにそっくりな世界に飛ばされ、ガイコツ姿の最強の大魔法使い・モモンガとなって君臨する姿を描いたファンタジー。原作小説のシリーズ累計発行部数は約300万部。テレビアニメ第1期が2015年7~9月に放送された。

     第2期の放送時期などの詳細は今後、発表される。

    http://mantan-web.jp/2017/03/11/20170311dog00m200017000c.html



    スポンサードリンク
    【【朗報】オーバーロードがテレビアニメ第2期制作決定!!】の続きを読む




    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    tv_girl_tooku



    1: 2017/03/08(水) 18:05:05.03 ID:CAP_USER
    みんな深夜アニメは「2倍速」で消化するでしょ?

    韓流好きな母親は、山ほどためた韓国ドラマを一日中見る。
    実家のソファでぼーっとしてると、やたら役者が早口だから何生き急いでるんだと思ったら、2倍速で再生してた。
    「早送りするなら見なくてよくね?」と思ったが、毎日消化しきれない深夜アニメを2倍速で見ている自分がいた。

    アニメ多いからね。平日は仕事が忙しいし、週末も予定が入ると見る時間がない。
    1カットに命かけてる制作スタッフには申し訳ないけど、早送りしないと消化しきれないんだわ。
    最近のテレビ早送りでもしゃべってくれるし、内容追うだけならこれで十分かなと思う。
    昔みたいにゆっくり何度も同じ作品を見たりとかってのがほんとなくなったな。

    http://anond.hatelabo.jp/20170307204558



    【【話題】アニメを2倍速で見るやつwww】の続きを読む


    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/03/02(木) 17:20:46.29 ID:CAP_USER
    2017年3月2日 0:00
    テレビアニメ「ナナマル サンバツ」ティザービジュアル
    no title

    大きなサイズで見る(全8枚)
    http://natalie.mu/comic/news/222855

    杉基イクラ原作によるテレビアニメ「ナナマル サンバツ」が7月に放送開始する。そのキャスト情報第1弾とティザービジュアルが発表された。

    主人公・越山識役は本作が初主演となる堀江瞬に、ヒロインの深見真理役は情報番組「ZIP!」の総合司会やテレビドラマなどでも活躍している女優・川島海荷に決定。川島がテレビアニメにレギュラー出演するのは初となる。

    クイズ研究会・会長の笹島学人役と主人公・識のライバルとなる御来屋千智役は、3月中にアニメの公式Twitterアカウントにて実施される「ナナマル サンバツ キャスト当て動画クイズ」にて発表。
    また3月25日、26日に東京ビッグサイトにて行われる「AnimeJapan 2017」の日本テレビブースでは、識役の堀江、学人役のキャスト、原作者の杉基が登壇するトークショーが実施される。

    「ナナマル サンバツ」は、競技クイズに青春を懸ける高校生たちを主役にした部活もの。ヤングエース(KADOKAWA)に連載されている。

    テレビアニメ「ナナマル サンバツ」

    堀江瞬(越山識役)コメント
    越山識役をやらせて頂けることになりました、堀江瞬です!
    競技クイズは僕にとってもまだまだ未知数な部分が多く、今からとてもわくわくしています。オーディションを受けるにあたって読ませて頂いた時に感じた原作の熱量をそのまましっかりと届けられたら、と思います。
    競技クイズは、ただ問題に答えるための知識だけが問われているわけではありません!
    「クイズってこんなに面白いんだ!」と皆様に思っていただけるよう頑張ります!

    川島海荷(深見真理役)コメント
    高校生のクイズ研究会が題材になっているアニメですが、私自身、クイズが苦手なんです。
    でも、作品の中では必死にバシバシ答えていきたいと思います!!
    高校生達のクイズにかける熱い想い、その必死な姿を見て欲しいです。
    そして一緒に応援してもらえたらなと思っています。
    声優として不慣れなこともあると思いますが、楽しみたいです!!

    スタッフ
    原作:杉基イクラ(「ヤングエース」連載/KADOKAWA刊)
    監督:大宙征基
    シリーズ構成:柿原優子
    キャラクターデザイン:高鉾誠
    アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

    (c)杉基イクラ/KADOKAWA (c)7○3×クイズ研究会

    【【アニメ化】7月開始の「ナナマル サンバツ」、主要キャストは堀江瞬と川島海荷!!】の続きを読む


    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    rakugo_manjukowai
    rakugo_manjukowai



    1: 2017/02/26(日) 22:53:31.34 ID:CAP_USER
    大人になると恐怖に対する免疫がつくものですが、子供のときというのは基本的に無防備で想像力も豊か。映画・アニメのふとしたワンシーンが、
    どうしようもなく怖く感じたりするものですよね。そこで今回、「子供のときにこわかった映画やアニメのワンシーンは?」というテーマで、
    大学生約400人から意見を集めてみました。

    ■今はなんとも思わないけど、子供のころは怖かった映画・アニメのワンシーンはどんなものですか?

    ●アンパンマン
    ・顔が欠けているのが怖かった(女性/21歳/大学3年生)
    ・アンパンマンの顔が水で濡れてしまうところ。自分も顔に水がかかるのを嫌がっていたから(女性/20歳/大学2年生)

    ●となりのトトロ
    ・単純にトトロの顔が怖かった(女性/20歳/大学2年生)
    ・メイちゃんが迷子になってしまうところ。小さいときそのシーンを見たときとってもハラハラしてしまったから(女性/19歳/大学1年生)
    ・猫バスがなんとなく不気味だった(女性/19歳/大学1年生)

    ●ドラエもん
    ・映画「のび太の宇宙漂流記での幻惑の星」で、宇宙人が怖かった(男性/22歳/大学3年生)
    ・ジャイアンとのび太の喧嘩。殴り合いが苦手だった(女性/19歳/大学2年生)
    ・「どくさいスイッチ」の回が、恐怖以外の何者でもない(男性/19歳/大学1年生)

    ●もののけ姫
    ・手が切れるシーン。予告編でそこだけ流れるから(女性/20歳/大学2年生)
    ・タタリ神が登場するシーン。いきなり石垣を壊して登場するから(男性/23歳/大学4年生)
    ・コダマがいっぱい出てくるところ。気持ち悪くて無理だった(女性/23歳/短大・専門学校生)

    ●千と千尋の神隠し
    ・キャラクターが怖かった(男性/20歳/大学2年生)
    ・お父さんとお母さんがブタになるところ。小さいとき観て、自分の両親もブタになるんじゃないかと思ったから(男性/20歳/大学2年生)

    ●その他
    ・金田一少年の事件簿の能面。夜寝れなくなるくらい怖かった(女性/24歳/大学院生)
    ・名探偵コナンの犯人が黒いシルエットで出てくるとき。小さい頃は黒ってだけで怖かったから(女性/20歳/短大・専門学校生)

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/47284



    【【トラウマ】今はなんともないのに……子供のころはなぜか怖かった映画・アニメのワンシーン】の続きを読む


    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    695bb628-s



    1: 2017/02/28(火) 06:58:01.73 ID:CAP_USER
    予想1.

    Amazon、カドカワ、その他で定期的に予約が復活していて

    その際の弾がAmazonの場合だいたい1000

    大体3発売ってて全部売り切れたから、現時点で9000くらいではないか

    (もちろんAmazon以外読めないのでこの予想は適当すぎる)

    このまま推移した場合、最終的に1万台と予想 

    A.1万台

    予想2.

    Googleトレンドの比較において、ボリュームは

    このすば1期<けもフレ<リゼロ である

    このすば1期が1万程度、リゼロも1万程度なので、けもフレも1万程度と予想

    A.1万前後

    予想3.

    きらら枠などの癒し系アニメにおいて、ある程度流行になった場合は1万台だ

    けもフレもなんだかんだで癒やし枠だ

    A.1万台

    予想できない点

    ・売り切れた場合

    ・価格が安い

    ・本の側の価値も高め

    ・なんかアマラン高すぎない?

    まとめ

    まあ1万台だよね多分、予想外でも2万台、最低でも7000

    むしろ本番はEテレで再放送されるか、ゲームがどうなるかだと思う

    それにしても、売りスレ民が「けもフレは書籍だから対象外」って言ってるってマジ?

    これから全部書籍で出そうぜ 



    【【けものフレンズ】けもフレの売上予想してみようぜ!】の続きを読む


    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    Kinki_University




    1: 2017/02/28(火) 12:18:10.99 ID:CAP_USER
     読者諸氏は「アニメ」という言葉を聞いたとき、どのような印象を持つだろうか。昔気質の人なら「低俗な娯楽」かもしれないし、耳聡い現代人なら「クールジャパン」かもしれない。しかし「学問」が真っ先に浮かぶという人は、おそらく稀だろう。

     ところが現在、アニメ関連の学科を設けている大学は結構多い。デザインや映像技術などテクニカルな学科もあれば、ビジネス戦略を扱う学科まで存在する。そんな中、近畿大学で「深夜枠を中心に週に20本以上『アニメ』を視聴しておくこと」を受講の前提条件とする講義があると話題になった。それが町口哲生氏の担当する「映像・芸術論1」という講義である。ここでは「ゼロ年代以降のアニメ潮流を整理しながら、重要作を解析していく」というスタンスで、人気アニメを素材として用いているのだ。

     ちなみに今期、私は深夜枠を中心に週30本以上のアニメを観ているが、なかなかにキツい。しかし本書で町口氏は「この程度(週20本)なら、ポップカルチャーを『生き方』の指針としている君たち、つまり中二病、残念、ぼっち、ゲーム廃人、魔法少女やアイドル好きにとって大したことではありません」といい切る。睡眠時間は4時間位で大丈夫だそうな。

     そんな氏が『教養としての10年代アニメ』(町口哲生/ポプラ社)を上梓した。これは彼の講義で語られたことを新書用に手を加え、より分かりやすくしたものである。本書は10年代、つまり2010年代に放送されたアニメについて、さまざまな視点から分析。取り上げるのは『魔法少女まどか☆マギカ』『中二病でも恋がしたい!』『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『ノーゲーム・ノーライフ』『ソードアート・オンライン』『とある科学の超電磁砲』『COPPELION』の7タイトルだ。

     ではどのような形で「分析」が行なわれているのか。町口氏曰く「印象を語ることはなるべく慎み、教養(学問)を参照しつつ、今一度作品(≒文化)を組み立て直すことに主眼を置いて」いるという。例えば『魔法少女まどか☆マギカ』であれば、アメリカ文学研究者の研究内容を引用しつつ、5人の魔法少女はそれぞれ他者に自己同一化し、その他者を救済することが目的だと分析。また中心人物である「まどか」「ほむら」「キュゥべえ」の関係をゲーテの詩劇『ファウスト』の引用として考察する──といった具合である。

     氏の専門が哲学・現代思想であるため、参照する学問は哲学などが多く難解な用語も多用される。正直、分かりにくいと捉える向きもあるだろう。町口氏も「アニメは娯楽なので好きな人が消費すればよい」という意見には納得している。一方で、アニメが学問として分析するに足る文化であるとも考えているのだ。

     かつて「テレビまんが」などと呼ばれ低俗視されてきたアニメも、いまや大学で学科が設けられるまでになった。先人たちの努力により、漫画やアニメが「文化」として認知されてきた何よりの証だと思う。だから「娯楽」として楽しむというだけでなく、「学問」として読み解こうとする動きもあっていいはず。読者諸氏が自分の好きな作品をさらに深く掘り下げたいと思ったとき、本書は多くの示唆を与えてくれることだろう。
    文=木谷誠

    http://ddnavi.com/news/356679/



    【【アニメ】近大にアニメを"週20本以上"見てる人しか受けられない講義があるらしいwww】の続きを読む


    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    20161011



    1: 2017/02/22(水) 22:05:08.49 ID:CAP_USER
    「今から見るべき!2017年冬アニメ急上昇ランキング」トップ10発表ですっ!
    no title

    じゃじゃんっ!
    1位は、冬アニメ人気ランキング3位からのステップアップ!「小林さんちのメイドラゴン」
    2位は根強い人気ですっ!「この素晴らしい世界に祝福を!2」
    そして3位は、前回8位からぐぐいっと入りんだ「ガヴリールドロップアウト」ですっ!

    マスターさんが観ているアニメはランクインしてましたかっ?
    ハッカドールユーザーが注目している冬アニメ、参考にしてくださいねっ!

    https://web.hackadoll.com/n/9wzd



    【【必見】今から見るべき!2017年冬アニメ急上昇ランキング発表!】の続きを読む


    編集

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    no title



    1: 2017/02/25(土) 20:04:54.75 ID:CAP_USER
    「正直、困惑しています」けものフレンズ、プロデューサーが心境を語る

    けものフレンズ・プロデューサーの福原慶匡さんに人気の理由などを聞いた。

    ーー反響についてどのように受け止めていらっしゃいますか?

    想像を上回る反響をいただいて、正直、困惑しています。

    ただ、(ストーリーについて)何も考えていなかった、というわけではく、監督のたつきと吉崎先生が企画の段階で、ストーリーの根幹は作り上げていました。

    各方面のユーザーさんがストーリーを掘り下げていると思うんですけど、それに関してはこんなに気がつくんだ、という印象です。コツコツと布石を置いたつもりではあったんですけど、想像以上にユーザーの方がそれを拾ってくれているな、と。

    ぼくらは「十中八九見つからないだろうな」と思いながら仕掛けを作っていたのですが、ユーザーさんの勘が良すぎて「見つかってしまうとは…!」という感想です。

    たまに深読みしすぎてるなぁと感じることもありますが、それも含めて動向を見守っているのがおもしろいです。「こんな風に考えてるんだ」っていう発見はあるので、とても勉強になります。

    (中略)

    ーー人気の理由については、どう考えていますか?

    ネットで「けものフレンズが流行った理由」とまとめられているのを目にするんですけど、自分もそれをみて「なるほどなぁ」と(笑)。

    元々のコンセプトに「大人でも子どもでも、誰が見てもおもしろいものを見てもらえるように」という思いがありました。

    放送時間とかがある程度わかってきた段階で、たつきと話していたのが「深夜の時間帯っていうのは、だいたい見ている層は大人たちが多くて、仕事から疲れて帰ってきてるだろうから癒してあげたいね」ってことだったんですよね。

    動物番組って気楽だったり、頭使わないで見れるものだから、そういう感覚で楽しんでもらえたらいいなと考えていました。そこの癒しの部分がウケたのかなとは思いますけどね。

    たつきの中では、縦軸の「おもしろい」と横軸の「ストーリーの深さ」をミックスするっていう部分ができあがっていたので、そこをわかってもらえたのかなと。

    ーーつまり、たつき監督の影響力が大きかったのでないかと。

    そうですね。もちろんたくさんの方々が関わっているんですけど、監督、演出、コンテだとか脚本の大元を考えるのもたつきが担当していたので、ほとんど全部やっているとも言えますね。

    ーー最後に、ファンの方にメッセージを。

    吉崎先生の言葉を借りる形にはなるんですが、元々の「けものフレンズの原作ってなに?」っていうと、やっぱり動物なんですよね。

    なので、原作を知りたいとかって思う方がいれば、ぜひ動物園に行っていただけたらなと思います。結果的にこのアニメによって動物園に行く人が増えたらうれしいです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00010003-bfj-ent&p=1



    【【けものフレンズ】プロデューサー「想像を上回る反響で正直困惑」「十中八九見つからないだろうなという仕掛けも見つかってしまう」】の続きを読む




    スポンサードリンク

    このページのトップヘ