no title
1:名無しずら2019/04/29(月) 18:38:47.29ID:FUqPYqgZaNIKU
2019年6月3日の12時から『ドラゴンクエスト』スマートフォン向け新作ゲームの発表会が行われた。
そのタイトルは『ドラゴンクエスト ウォーク』というもので、位置情報を使ったゲーム。開発はコロプラと共同開発となっている。ゲストの小沢一敬さん(スピードワゴン)がゲームを触り、ドラキーと戦闘。戦闘画面もドラゴンクエストらしくなっている。なおフィールドや戦闘の音楽は『ドラゴンクエスト3』のものだった。

主人公勇者は敵を倒すことにより経験値を得て、レベルアップしていく。またクエストをこなすというオリジナルの要素も見られた。こちら『ドラゴンクエスト ウォーク』は2019年にiOSとAndroidにてリリース予定。またβ体験会も関東地方限定で開催される。

位置情報ゲームと言えばナイアンティックの『Ingress』と『ポケモンGO』、そのほか他社からも位置情報ゲームが数々リリースされているが世界的にブームになったのは『Ingress』と『ポケモンGO』くらいだろうか。
『ドラゴンクエスト ウォーク』は日本だけを視野に入れているらしく海外ユーザーは遊ぶことができない。
https://gogotsu.com/archives/51241

6:
大方の予想通り

7:
ドラクエならモンスターが可愛いからワンチャンあるな
FFだとチョコボとサボテンダーぐらいしかいないけど

引用元: http://2chspa.com/thread/news/1559536662




248:
とりあえず想像通りドラクエGO!だったね
楽しみ

9:
はぐれメタルをみんなで狩りたい

14:
爆速で逃げるメタル系を追うために事故りそう

244:
>>14
想像して吹いた

340:
>>14
ワロタw

16:
捕まえて仲間にして育てて対戦するのではなくて
敵を倒して図鑑に登録するだけなの?

24:
メタル系をレアで出せばうけるとか思ってんだろうなぁ…

51:
>>24
いつものパターンだけど、もうイメージとして定着してるからそれが実際に強いしウケるんだよ
ドラクエってコンテンツの強さは、内部の至るところまでブランド化されてること
モンスターの扱いがテンプレ化してるから万人に直感で理解されやすく、また期待を外すこともない堅牢なマーケティングを可能にする
もはやガンダムみたいなもん
結果としてわかりやすいのが、かつて上位かライバル扱いだったFFの衰退とDQのトップブランド化
FFにはDQのこれらに該当するコレといった要素が欠けていた

58:
>>51
ガンダムまで読んだ

46:
これいいね
ジム等の室内ウォーキングでもプラスになるゲーム性頼む

107:
PVの出来は素晴らしいな

108:
日本ではやまたのおろちがボスだったりするのか?

113:
ドラゴンクエストモンスターズ→ドラクエポケモン
ドラゴンクエストライバルズ→ドラクエハースストーン
ドラゴンクエストビルダーズ→ドラクエマイクラ
ドラゴンクエストウォーク→ドラクエポケモンGO
牧場物語が世界で死ぬほどヒットしてればドラクエ牧場物語も出してたんやろなあ・・・

131:
今日11完全クリアしたおれにはタイムリー

91:
事務次官に殺された息子もこれなら外に出たかもなぁ

158:
例の官僚の息子もこれで外にでるなwww

163:
>>158
返事がない、しかばねのようだ

184:
時代が追いついたか
no title

270:
正直めっちゃやりたい

310:
no title


画面もオリジナリティあるな

366:
ポケモンGOと掛け持ちとなるとめんどくさそうだな・・・
ちょっとやりたいけど

281:
コロプラと組んだのか。

74:
完全無課金でも出来るんかいな
そこが一番重要やで

116:
コロプラというのが気になるが

161:
コロプラだと課金要素が大きくなりそうだなー

219:
任天堂のパクリゲーを
任天堂から訴えられてるコロプラと組んで出す

任天堂に喧嘩売りすぎw

146:
コロプラがポケGOのぱくりとかほんと糞すぎ

156:
>>146
ただでさえ任天堂とバチバチなのにな

200:
コロプラ嫌いだからやらない

284:
画期的すぎて頭コロプラになってしまう

372:
コロプラの位置ゲーの延長なら、面白さは微妙
ポケGO的(あるいはIngress的)なら、特許は大丈夫?

399:
コロプラが任天堂からガッツリ怒られる
歩きスマホで事故多発して社会問題になる
そんな未来しかみえない

253:
位置ゲーの元祖はポケモンじゃなくコロプラだぞ
ポケGOなんかよりずっと前に位置ゲーの特許取ってるし
※実は「位置ゲー」はコロプラの商標だった










■おすすめ記事